費用相場や提供サービス内容を見て多摩市の葬式業者を決める

お葬式

葬儀スタイルも時代と共に変化してきました

お墓の掃除をする人

お葬式というと多くの方を招くことが通常でした。しかし、近年、親族と縁が薄い場合や子供がいない、お金をかけたくないなど様々な家庭の事情により、葬儀に対する考え方も変化が出てきました。大掛かりな葬儀よりも、家族葬を選択することが増えてきているのです。家族葬では、参加は家族のみや極親しい方のみなので、温かみのある葬儀をしてあげることができます。費用も少なく、ゆっくりと故人を偲ぶことができます。ただ、一つ注意が必要な場合が。故人に友人や知人が非常に多い場合や現役で勤務されていた方の場合です。そのような方であると、後々、手を合わせたいので自宅へ伺いたいという話や葬儀に参列させてほしかったという話が次々出てきて、訪問客が絶えないということになるケーズもあります。ですので、家族葬を選択する場合は注意し、後々の対応策も重ねて考えておきましょう。
葬儀は亡くなってからするものとされてきましたが、最近、人気が高まりつつあるのが生前葬です。自分の墓石を自分自身で購入するのと同様に、葬儀も自分好みで生きているうちに済ませるスタイルです。死んでしまっては、残された人たちに伝えたいことを伝えることはできません。そのため、生きているうち自分の言葉で、しっかりと感謝を伝えたいという思いから始まりました。もちろん、生きているので、そこに悲しみの空気はありません。明るい話題と笑顔で一杯の楽しいお葬式と好評です。

別れを惜しむ人

事前相談で葬儀会社を決める

自分の死後、遺された家族が少しでも安心して葬儀をすることができるように、そして、自分の納得いく葬儀を確実に実行してもらうために、葬儀会…

お墓の掃除をする人

葬儀スタイルも時代と共に変化してきました

お葬式というと多くの方を招くことが通常でした。しかし、近年、親族と縁が薄い場合や子供がいない、お金をかけたくないなど様々な家庭の事情に…

お線香

葬式の喪服が黒になったのは割と最近

お葬式と言えば、黒い服が定番となっていますが、どうして葬式では黒い服を着ける必要があるのでしょうか。実は他の国に行っても、基本的に黒色…

お坊さん

葬式の食事メニューは何でも大丈夫?

葬式の際に食事をふるまう場合もありますが、この食事には何か決まりがあるのでしょうか。一般的には「通夜振る舞い」という形で食事をふるまい…