費用相場や提供サービス内容を見て多摩市の葬式業者を決める

お葬式

葬式の喪服が黒になったのは割と最近

お線香

お葬式と言えば、黒い服が定番となっていますが、どうして葬式では黒い服を着ける必要があるのでしょうか。実は他の国に行っても、基本的に黒色の服を着けることが多いです。どうして黒になったのかという経緯は国によって違っていて、政治的な背景があったり、また労働者が服の汚れを気にせずに参列できるようになど様々な理由があるようです。
しかし、実は昔の二本では喪服は白でした。日本で葬式に着用する喪服が黒い服になったのは、昭和40年代半ば頃だと言われていて、世界的にはかなり後進国だというのです。江戸時代までは、日本の喪服は白でしたが、明治維新後に、西洋化した際、イギリス政府に喪服の色を尋ねたところ、葬式の色は黒もしくはグレーだったところから、徐々にそれに合わせ始めたと言われています。
しかし、風習とは根強いもので、完全に黒が中心になるには昭和40年頃まで待つことになります。その頃、既製服メーカーが売り出した黒色の略礼服が喪服としても利用され、男性だけでなく女性にも広まり、皆がこぞって黒い服を着るようになりました。そのため、現在では当然のように皆が黒い服を喪服として着るようになっています。沖縄県ではお葬式につけるかりゆしウェアの喪服もありますが、やはり黒なのだそうです。

別れを惜しむ人

事前相談で葬儀会社を決める

自分の死後、遺された家族が少しでも安心して葬儀をすることができるように、そして、自分の納得いく葬儀を確実に実行してもらうために、葬儀会…

お墓の掃除をする人

葬儀スタイルも時代と共に変化してきました

お葬式というと多くの方を招くことが通常でした。しかし、近年、親族と縁が薄い場合や子供がいない、お金をかけたくないなど様々な家庭の事情に…

お線香

葬式の喪服が黒になったのは割と最近

お葬式と言えば、黒い服が定番となっていますが、どうして葬式では黒い服を着ける必要があるのでしょうか。実は他の国に行っても、基本的に黒色…

お坊さん

葬式の食事メニューは何でも大丈夫?

葬式の際に食事をふるまう場合もありますが、この食事には何か決まりがあるのでしょうか。一般的には「通夜振る舞い」という形で食事をふるまい…