費用相場や提供サービス内容を見て多摩市の葬式業者を決める

お葬式

葬式の食事メニューは何でも大丈夫?

お坊さん

葬式の際に食事をふるまう場合もありますが、この食事には何か決まりがあるのでしょうか。一般的には「通夜振る舞い」という形で食事をふるまいますが、この場合の食事は寿司や揚げ物、煮物などの料理が大皿で提供されたり、お酒が出ることもあります。こういった葬式の際の食事では、今はあまりメニューを気にすることは無くなっています。
死後49日までは、肉や魚を一切食べずに野菜中心の食事をするべきという考えがあり、そのためにこういう料理を精進料理と言いました。死後49日が経過するともとに戻すことを「精進落し」と言ったりもします。精進落しの際には大皿ではなく出席者一人ひとりにお弁当やお膳を準備するようになりますが、やはりメニューについてはあまり気にすることはありません。もし、故人の大好物があれば、それをあえてふるまう場合もあります。家族葬の場合には、ご自身の食事などで簡単に作った料理を食べたり、コンビニ弁当や仕出し弁当、おにぎり、サンドウィッチなどを食べる場合もあります。
基本的に現代では、よほど縁起の悪いものなどを除けば、食事の種類のメニュー上の問題はありません。ただし、宗教によってタブーがある場合もありますので、そういった方々への配慮は必要となります。供養に関わる宗教者の方の分については、よく確認してから選んだほうが良いでしょう。

別れを惜しむ人

事前相談で葬儀会社を決める

自分の死後、遺された家族が少しでも安心して葬儀をすることができるように、そして、自分の納得いく葬儀を確実に実行してもらうために、葬儀会…

お墓の掃除をする人

葬儀スタイルも時代と共に変化してきました

お葬式というと多くの方を招くことが通常でした。しかし、近年、親族と縁が薄い場合や子供がいない、お金をかけたくないなど様々な家庭の事情に…

お線香

葬式の喪服が黒になったのは割と最近

お葬式と言えば、黒い服が定番となっていますが、どうして葬式では黒い服を着ける必要があるのでしょうか。実は他の国に行っても、基本的に黒色…

お坊さん

葬式の食事メニューは何でも大丈夫?

葬式の際に食事をふるまう場合もありますが、この食事には何か決まりがあるのでしょうか。一般的には「通夜振る舞い」という形で食事をふるまい…